妊娠・出産期に利用できる制度

妊産婦の女性職員が利用できる制度

【保健指導・健康診査】
勤務時間内に保健指導・健康診査を受けるための勤務免除を請求することができます。
【通勤緩和】
通勤に利用する交通機関の混雑の程度が健康保持に影響を及ぼす場合、始業時又は終業時において、1日を通じて1時間を超えない範囲内で勤務しないことを請求することができます。
【就業制限・勤務緩和】
●勤務時間内に休息、補食するための勤務免除を請求することができます。
●時間外勤務、休日勤務、深夜勤務の免除を請求することができます。

出産前後に利用できる制度

【産前休暇】
出産予定の女性職員が、出産予定日を含む6週間(多胎妊娠は14週間)以内に申し出た場合、産前休暇を取得することができます。
※常勤職員の場合は特別休暇(有給休暇)を取得することができますが、有期契約職員の場合は無給休暇となります。
【産後休暇】
出産翌日から8週間は産後休暇を取得することができます。
※産後6週間を経過した女性職員から申出があり、医師が支障ないと認めた場合、早期復帰することができます。
※常勤職員の場合は特別休暇(有給休暇)を取得することができますが、有期契約職員の場合は無給休暇となります。
【保育休暇】
1歳未満の子を養育する職員は、授乳や託児所へ送迎のために1日2回それぞれ30分まで休暇を取得することができます。休憩時間の前後、始業・就業時の取得も可能です。
※常勤職員の場合は特別休暇(有給休暇)を取得することができますが、有期契約職員の場合は無給休暇となります。

配偶者の産休や出産時に職員が利用できる制度

【配偶者出産休暇(妻出産時における夫の休暇) ※常勤職員のみ】
職員の妻が出産する際に、出産のため入院した日から出産後2週間までの間に2日間の範囲内で入退院や出産時付添、出産届等手続きのための特別休暇(有給休暇)を取得することができます。
【男性育児参加休暇 ※常勤職員のみ】
生まれた子の授乳、付き添い、上の子供の保育所への送迎等のため、産前6週間前~産後8週間の期間において、5日間の範囲内で特別休暇(有給休暇)を取得することができます。
鳥取地区:人事課職員係(内線2182)
米子地区:医学部総務課職員係(内線7049・7050)

ページトップに戻る

育児期に利用できる制度

育児休業制度

●育児のために、最長子どもの3歳の誕生日まで休業することができます。
●常勤職員の場合、3歳未満の子の養育のため原則1回休業することができます。
●有期契約職員の場合、継続雇用期間が6ヶ月以上であり、かつ、子が2歳の誕生日を迎えるまで継続して勤務するのであれば、子が1歳6ヶ月に達する日まで休業することができます。
【育児休業の申出の手続方法】
育児休業開始予定日の前日から起算して1ヶ月前の日までに「育児休業申出書」を提出てください。
【育児休業開始予定日及び終了予定日に変更が生じた場合】
●育児休業開始予定日を変更する場合は、開始予定日の前日まで。
●育児休業終了予定日を変更する場合は、終了予定日の1ヶ月前の日までに「育児休業期間変更申出書」を提出しましょう。
※ただし、変更は1回に限ります。
【育児休業中の身分】
職員としての身分を保有しますが、職務には従事しません。
【育児休業中の待遇】
育児休業期間中、給与は原則として支給されません。

育児短時間勤務制度 ※常勤職員のみ

職員は小学校就学までの子を養育するため、勤務時間を短縮した働き方ができます。
※ただし、裁量労働制が適用されている場合は育児短時間勤務をすることができません。

【勤務形態】
●所定勤務時間が1週間につき38時間45分、1日につき7時間45分の職員
  • 1週間あたり5回で19時間35分勤務(1日あたり3時間55分勤務)
  • 1週間あたり5回で24時間35分勤務(1日あたり4時間55分勤務)
  • 1週間あたり3回で23時間15分勤務(1日あたり7時間45分勤務)
  • 1週間あたり3回で19時間25分勤務(1日あたり7時間45分勤務を2日、3時間55分勤務を1日)
●1ヶ月単位、4週間単位の変形勤務時間制が適用される職員
  • 1週間当たり5回で19時間35分(1回3時間55分勤務)
  • 1週間当たり5回で24時間35分(1回4時間55分勤務)
  • 1週間当たり3回で23時間15分(1回7時間45分勤務)
  • 1週間当たり3回で19時間25分(7時間45分勤務を2回、3時間55分勤務を1回)
  • 1週間当たり2回で23時間15分(15時間30分勤務を1回、7時間45分勤務を1回)※看護職員のみ
●1年単位の変形勤務時間制が適用される職員
1週間当たり19時間25分、19時間35分、23時間15分、24時間35分かつ、毎週4週間につき1週間当たり42時間以下の勤務
●フレックスタイム制が適用される職員
4週間ごとの期間につき1週間当たり19時間25分、19時間35分、23時間15分、24時間35分
(1日につき午前7時~午後10時の間に2時間以上勤務)
【育児短時間勤務の申出の手続き方法】
育児短時間勤務の開始予定日の前日から起算して1月前の日までに「育児短時間勤務申出書」を提出してください。
【育児休業中の待遇】
育児短時間勤務により勤務しない時間は、基本給及び賞与が減額されます。

育児のための超過勤務及び休日勤務の制限】※常勤職員のみ

●育児のため、就業時間を制限することができます。
●1回につき1ヶ月以上1年以内の期間について、制限を開始しようとする日及び制限を終了しようとする日を明らかにして、原則として制限開始予定日の1ヶ月前までに、「超過勤務等制限申請書」を提出してください。

【育児のための深夜勤務の免除】

●育児のため、深夜勤務を免除することができます
●1回につき1ヶ月以上6ヶ月以内の期間について、免除を開始しようとする日及び免除を終了する日を明らかにして、原則として免除開始予定日の1ヶ月前までに「深夜勤務免除申出書」を提出してください。

育児のための繰り上げ・繰り下げ勤務

●育児のため、勤務時間の繰り上げ・繰り下げをすることができます。
●小学校就学前の子どもを養育する教職員は、業務に支障がないと認められる時は、休憩時間を45分間とし、始業時刻の15分繰り下げ又は終業時刻の15分繰り上げを行うことができます。

看護休暇制度

小学校就学前までの子どもを養育する職員は、子どもを看護する場合(けがや発熱等)に、最大5日(子どもが2人以上の場合は最大10日)の休暇を取得することができます。
※常勤職員の場合は特別休暇(有給休暇)を取得することができますが、有期契約職員の場合は無給休暇となります。

鳥取地区:人事課人事総務係(内線2160・2161)、職員係(内線2182)
米子地区:医学部総務課人事係(内線7046・7047)、職員係(内線7049・7050)

ページトップに戻る

産前・産後等の各種制度

大図はこちらをクリック
上記図のpdfダウンロードはこちらをクリック

特別休暇結婚休暇結婚式、新婚旅行等のために、結婚の日の5日前から結婚の日後1月以内の期間に連続する5日間取得することができます。
産前休暇出産予定日の6週間前から取得することができます。
産後休暇出産後8週間は母体保護のため就業してはいけません。ただし、産後6週間を経過し、医師が支障ないと認めた場合は早期復帰は可能です。
妻出産時における夫の休暇入院もしくは退院の際の付き添い、出産時の付き添い等のために、配偶者の出産に係る入院等の日から産後2週間以内に最大2日間取得することができます。
男性育児参加休暇生まれた子への授乳、付き添い、上の子供の保育所への送迎等のために産前6週間前〜産後8週間の期間において最大5日取得することができます。
保育休暇1歳未満の子を養育する教職員は、授乳や託児所への送迎等のために取得することができます。1日2回それぞれ30分まで取得できます。休憩時間の前後、勤務時間の始業・終業時の取得も可能です。また、やむを得ない事情があると認められる場合は、1時間にまとめて取得できます。
看護休暇小学校就学前の子どもを養育する教職員は、子どもを看護する場合(けがや発熱・または定期健康診断や予防接種)に、最大5日(子どもが2人以上の場合は最大10日)取得することができます。
職務専念義務免除保健指導・健康診査時間勤務時間内に母子保護法の規定による保健保護指導または健康診査を受けるため勤務しない場合、職務専念義務免除の承認を求めることができます。
通勤緩和妊娠中の職員が通勤に利用する交通機関の混雑の程度が母体又は胎児の健康保持に影響があると認められ、所定の勤務時間の始め又は終わりにおいて、それぞれ必要な時間を取る場合、職務専念義務免除の承認を求めることができます。(1日を通じて1時間を超えない範囲内)
休息・補食時間妊娠中の職員の業務が母体又は胎児の健康保持に影響があると認められ、適宜休息し、又は補食するために必要な時間を取る場合、職務専念義務免除の承認を求めることができます。
妊産婦超過勤務・
深夜勤務制限
妊産婦は、時間外勤務、休日勤務及び深夜勤務の免除を請求することができます。
育児のための超過勤務・
休日勤務免除
3歳未満の子を養育する職員は、超過勤務及び休日勤務の免除を請求することができます。
育児のための超過勤務・
休日勤務の制限
小学校就学前の子どもを養育する教職員は、時間外勤務及び休日勤務の制限(1か月について24時間、1年について150時間以内)を請求することができます。
育児のための
深夜勤務の免除
小学校就学前の子どもを養育する教職員は、深夜勤務(午後10時から午後5時まで)の制限を請求することができます。
育児のための繰り上げ・
繰り下げ勤務
小学校就学前の子どもを養育する教職員は、業務に支障がないと認められるときは、休憩時間を45分間とし、始業時刻の15分繰り下げ又は終業時刻の15分繰り上げを行うことができます。
育児休業育児のために休業することを希望する職員は、最長、子どもの3歳の誕生日の前日まで休業することができます。
育児短時間勤務小学校就学前の子どもを養育する教職員は、勤務時間を短縮することができます。(短縮した時間については無休となります。)
育児時間小学校就学前の子どもを養育する教職員(裁量労働制が適用される者及び労使協定により育児時間の措置の対象外とされる者を除く。)は、所定勤務時間の始め又は終わりにおいて育児時間(1日の勤務時間の一部について勤務しないことをいう。)を取得することができます。(育児時間を取得している時間については無休となります。また、育児短時間勤務との併用はできません。)
  • 女性のみ
  • 男性のみ
  • 男女共通

※その他にも対象要件がある場合があります。

ページトップに戻る

病児・病後児保育に関する情報

鳥取地区

病児保育室 「キッズルームこぐま」
鳥取市末広温泉町のせいきょうこどもクリニックに併設された病児保育室です。 鳥取市内に住んでいる小学校3年生までの子どもを対象としています。詳細は、キッズルームこぐまのホームページをご覧ください。
病児保育室 「とくよし」
鳥取市栄町の栄町クリニックビル内にある病児保育室です。栄町クリニックの診察を受ける必要があります。 鳥取市内に住んでいる0歳児~小学校6年生までの子どもを対象としています。詳細は、病児保育室とくよしのホームページをご覧ください。
鳥取市児童健康支援センター「にじっこルーム」
鳥取市的場の鳥取市民病院内に開設されている病後児保育施設です。鳥取市内に住んでいる生後4ヶ月~小学校3年生までの子どもを対象としています。詳細は、にじっこルームのホームページをご覧ください。
すこやかルーム
0857-85-1788

河原町の散岐保育園内に開設されている病後児保育施設です。
詳細は、直接お尋ねください。

病後児支援センター「かもめ」
0857-85-0430

青谷町のすくすく保育園内に開設されている病後児保育施設です。
詳細は、直接お尋ねください。

病後児支援センター「たんぽぽ」
0857-82-0508

気高町のひかり保育園内に開設されている病後児保育施設です。
詳細は、直接お尋ねください。

NPO法人 KiRALi(非施設型病児・病後児保育)
鳥取市内にあるNPO法人 KiRALiが行っている新しい形の病児・病後児保育事業です。生後6ヶ月~小学校6年生までを対象としています。「こどもレスキュー隊員」と呼ばれる研修を受けた子育て経験者もしくは保育・看護に関する有資格者が、隊員自宅あるいは病児宅で保育を行います。
詳細は、KiRALiのホームページをご覧ください。

米子地区

米子地区で利用できる病児・病後児保育施設につきましては以下の3カ所があります。
詳細は、鳥取大学医学部附属病院ワークライフバランス支援センターのホームページをご覧ください。

すぎのこ病児・病後児保育
鳥取大学医学部附属病院「すぎのこ保育所」を利用している子どもを対象としています。
病児看護センター「ベアーズデイサービス」
米子市榎原の保育園ベアーズならびに谷本こどもクリニックに隣接した病児看護センターです。
病児保育室「ペンギンハウス」
米子市西福原のせぐち小児科の敷地内に開設されている病児保育室です。

ページトップに戻る

男性の子育て支援

男性の育児を応援するために、鳥取大学に働く教職員あるいは鳥取大学で学ぶ大学院生・学生であり、かつお父さんやおじいちゃんである男性から寄せられた育児に関わる体験談をご紹介いたします。

鳥取県からのお知らせ『お父さんのための子育て応援手帳』

子育てを経験している先輩パパ、ママからのアドバイスを盛り込み、妊娠・出産から小学校就学前まで、お子さんの成長過程に合わせた構成で、お父さんの育児参加をわかりやすくサポートしてくれるハンドブックです。詳細は、『お父さんのための子育て応援手帳』をご覧ください。
※発行:鳥取県福祉保健部子育て王国推進局 子育て応援課

ページトップに戻る